日本コンピュータ化学会@サイエンスアゴラ2022
運営:日本コンピュータ化学会 科学コミュニケーション室

サイエンスアゴラ2022(会場:テレコムセンタービル)にブース出展!(11/5-6)


Google
サイエンスアゴラサイト を検索 WWW を検索


企画内容
《 追記事項がある場合は適宜修正します 》

多数のご来場,ありがとうございました!!

【ブース展示】見えない分子をながめて、つくって、つかまえよう!:  企画番号 No.519

    分子をながめ、はめて、つかまえることを体感できます。本ブースとしては、紙でつくるペーパークラフト分子模型「PuzMol」と手描きした分子をカメラで読み取るアプリ「Molske」が初お目見えとなります。そして、3Dプリンタによる新生体分子模型Kawakami Model、原子軌道・分子軌道のガラス彫刻の展示による“わくわくドキドキ”にも期待してください。これらの分子模型を用いてその形や性質について対話することで、持続可能性に配慮した未来のものづくりについて理解を深めます。