◆ 2009年10大分子(Jmol版) ◆
※初期表示は第1位のラパマイシン

「10大分子」-- 第一回(2009年)@az4uさん〕 ←
2009年10大分子発表! - 化学者のつぶやき@chemstationさん〕 ←
決定!「2009年10大分子」 - 薬作り職人のブログ@drug_discoveryさん〕 ←
2009年10大分子(前編) - 有機化学美術館(後編)@KentaroSatoさん〕 ←
Twitter「10大分子」ハッシュタグ #sci_on

  1. ラパマイシン(rapamycin)話題の制がん剤・抗がん剤
  2. E7389(エリブリン,eribulin)話題の制がん剤・抗がん剤
  3. ペラミビル (peramivir)参考:ペラミビルを含むPDBデータ例2f10*(ノイラミニダーゼ) 同PDBsumデータ$鳥インフルエンザ&新型インフルエンザ情報
  4. 二酸化炭素温室効果ガス
  5. 青色色素デルフィニジンとflavonoid 3',5'-hydroxylaseH遺伝子 デルフィニジン(delphinidin;平板構造) → フラボノイドの生合成経路
  6. DPP-4 参考(DPP4阻害薬例):シタグリプチン(sitagliptin)
  7. BSI-201
  8. オセルタミビル(oseltamivir,タミフル Tamiflu)GS4071(オセルタミビルが変化して機能) → 鳥インフルエンザ&新型インフルエンザ情報
  9. L-グルタミン酸(L-glutamic acid)20種類のアミノ酸
  10. リボソーム(ribosome) リボソーム関連PDBデータ例(データサイズが大きいものばかりですので,表示に時間がかかります)2wdi 4.87MB (70Sリボソーム;Ramakrishnanらによる) 1ffkのChain A・B(リボソーム;Steitzらによる) → 分子モデルで見るノーベル賞



ラパマイシンおよびそれを含む参考PDBデータ例5gpgと同PDBsumデータ → Jmolトピック


バックボーン 二次構造 | DNA/RNA(ATGCUbackbone
全選択 タンパク質選択 DNA/RNA選択 同backbone選択 リガンド選択 HB選択($印のみ) (*印のみ)
空間充填 球棒 球10% 球25% 球30% 球60% スティック スティック(太) 針金
アミノ色 Chain色 CPK色 ‖ Jmol色 Rasmol色 ‖ 濃赤 濃青  ピンク 濃ピンク   
糖鎖別着色(#印のみ)GalGlcManFucXylSiaGalNAcGlcNAcGlcAAsn,Ser,Thr選択 | Asn Ser Thr
酸性・中性・塩基性区別 極性・非極性区別 疎水性インデックス順 I/O値順(特性基 R) 等電点順 コンホメーション選択性(αヘリックスβストランド
水素結合表示S-S結合表示   背景・黒 灰 白 
 Chain選択: A B C D E F G H I J K L M N O P


「生活環境化学の部屋」ホームページJmol版「分子の学習帳」