◆ カレーの色素・クルクミン(curcumin) ◆
Chime版



curcumin C21H20O6 融点=183℃

空間充填 球棒 スティック
   
背景・黒 灰 白 

■下の分子モデルは pH による化学構造の変化(パソコン通信・NIFTY「化学の広場」で話し合われた内容を参考に作成)
※curcuminを吸収させたcurcuma paperは pH試験紙に用いられる[変色域:pH 8-9]
☆分子データは最適化計算していません。


中・酸性(黄色)
空間充填 球棒 スティック
   
背景・黒 灰 白 

アルカリ性(赤色)
空間充填 球棒 スティック
   
背景・黒 灰 白 


ドデシルベンゼンスルホン酸ナトリウム溶液処理

ステアリン酸ナトリウム(セッケン)溶液処理

市販合成洗剤溶液(アルカリ性)処理

左の試料の水洗

カレー粉で汚染した布の各種界面活性剤水溶液での処理による色の変化
※参考:界面活性剤の種類



「生活環境化学の部屋」ホームページJmol版「分子の学習帳」Chime版「分子の学習帳」